包茎の症状の3つの分類について

包茎は男性なら誰もが気にする悩みになり、治したいと思うという方が多くなっています。
そんな包茎の症状ですが現在は3つあるとされて、その症状に合わせて、治療方法も大きく変わってくるのです。
また、そんな包茎の症状の種類ですが、カントン包茎や真性包茎や仮性包茎になり、包茎の形によって緊急性などが違ってきます。

自分がどの包茎の症状かを把握する事で、その後の対応も違って来るので、把握する事は重要な事になります。
そんな対応の仕方を3つの症状を元に説明紹介して行きたいと思います。

まずはカントン包茎になるのですが、カントン包茎は皮が綺麗にむける事無く、傘のようになる事から、問題視されている包茎になります。
このカントン包茎は日常生活にも影響が出てくるので、包茎手術の緊急性を要する包茎になります。

次に真性包茎になるのですが、真性包茎は勃起した状態でも亀頭が皮に隠れた状態で、カントン包茎と同じく包茎手術の緊急性を要する包茎になります。
この真性包茎はそのままにしておくと日常生活にも影響が出るので、包茎の中でも特に緊急性を要する包茎になります。

最後に仮性包茎になるのですが、仮性包茎は勃起した状態だと亀頭が大きくなり、皮はきちんとめくれるので、問題はない状態になります。
日常生活にも支障が出ない包茎で、そのままでも問題なく過ごす事が出来るようになっています。
そのため緊急性を要する包茎ではないのですが、男性器の状態としては勃起していない状態は不適切になります。
男性器としての本来の姿にしたいと思う場合は包茎手術が必要になります。
この様に症状によって対応に仕方が違ってきますし、包茎手術のタイミングも違ってきます。