長茎術の施術方法について

前述で、説明しました通り、亀頭増大には色々な対応の仕方があり、注入する場所を変える事により様々な亀頭増大の形をとる事が出来ます。
その中で、ペニス自体が長くなる長茎の施術方法が存在して、この方法を使用する事で、ペニスが長くなります。
その方法ですが、体の中に埋もれているペニスを外側に引き出す手術になります。

亀頭を大きくするだけであれば、ヒアルロン酸を注入することで対応できるのですが、ペニス自体を長くするとなると体に埋もれているペニスを引き出す必要が出てきます。
そのために、切開と縫合が必要になるのですが、もともと埋もれているペニスを引き上げるだけなので、体にヒアルロン酸を入れたりという対応はなくなります。
自然の形のままで、本来出ていなければならないペニス部分を引っ張り出すだけなので、失敗もなく安心して施術を受けれます。

また、この長茎の施術を受ける事により、軽い包茎が治る可能性があるので、一石二鳥になる可能性もあります。
もともときちんとペニス部分が出て入れば包茎にはならなかったので、本来のペニスに戻す事により、包茎も治せるのです。
この様に長茎の施術は特別な作業は一切なく、自然な男性器に戻してくれる施術になるのです。

今のペニスの長さに満足しているのであれば、問題ないのですが、もしもう少し長くしたいと思う方はこの長茎の施術をお勧めします。
本来の男性器に戻るので、男性としても自信がつきますし、見ていて凄く満足すると思います。
長茎の施術を受けて、満足できる男性器の形を手に入れることをお勧めします。

長茎術の整形、病院探し